外壁塗装をする前に知っておきたい塗料の基本知識

外壁塗装をする前に知っておきたい塗料の基本知識

MENU

溶剤について

溶剤は樹脂成分を溶解したり希釈したりして
適切な塗装粘度に調整し、均一に塗り広げるために必要な材料です。

 

樹脂と溶剤の化学構造が近いもの同士はよく溶けます。

 

溶剤には炭化水素水、ケトン系、エステル系、エーテル系、
アルコール系溶剤がありますが、
炭化水素系は最も極性が低く、アルコール系は最も高くなっていて、
その他のものは、この二つの中間になります。

 

たとえば、油性塗料は、炭化水素系溶剤のみで溶解します。

 

ですが、アクリル樹脂やビニル樹脂は、
ケトン系やエステル系の溶剤を使って、
溶解度のバランスを考えた溶剤組成にし、
溶解力を向上させることが必要です。

溶剤の蒸発量

蒸気圧と分子量の積が、溶剤の蒸発量の支配因子になります。

 

沸点は分かりやすいですが、蒸発速度の尺度にするのは難しいので、
実用的には酢酸プチルの蒸発度を「1」としたときの各溶剤の実測の
相対蒸発速度を参照するようにしています。

 

また、乾燥の途中の塗膜中に残存する溶剤が、
樹脂の溶解不良を起こさないように溶剤配合を設計します。

 

高蒸発速度の溶剤は、塗装後急速に蒸発し、
固形文を上昇させるのに有効です。

 

しかし、あまり急速な蒸発は空気中の水分を塗膜表面に結露し、
白化させるブラッシング現象を起こします。

 

塗装時に、シンナー(希釈剤)を用いますが、
これも溶解性と蒸発速度のバランスを取るような組成になっています。

 

さて、溶剤にも大きな課題があります。

 

溶剤はとても便利な材料として塗料に多用されてきました。

 

ですが、光化学スモッグの発生原因になりやすいトルエンやキシレンの規則、
VOC(揮発性有機化合物)の規制により、
溶剤量削減が塗料工業の大きな課題となっているのです。