外壁塗装をする前に知っておきたい塗料の基本知識

外壁塗装をする前に知っておきたい塗料の基本知識

MENU

乾燥する塗料と硬化する塗料

塗料は塗装されると、乾燥したり硬化したりして「塗膜」になります。

 

この「塗膜」になるまでの過程を「成膜過程」といいますが、
「成膜過程」には、「物理的な成膜(溶剤蒸発による成膜)」と、
「化学的な成膜(硬化反応による成膜)」に分けて考えます。

物理的な成膜

物理的な成膜とは、溶剤蒸発による成膜のことです。

 

たとえば、ポリマー溶液からの溶剤の蒸発による成膜は、
物理的な成膜の一つです。

 

これは、ニトロセルロースラッカーや塩化ゴム塗料のように、
単に塗液から溶剤が蒸発することによって成膜するものです。

 

また、ポリマー粒子の融着による成膜もあります。

 

これは、瑞の蒸発に伴って粒子が近接、融着して成膜するもので、
代表的なものとしては、エマルション塗料があります。

 

さらに、可塑剤のなかにビニル樹脂を粒子分散したビニルゾル塗料、
加熱によって粒子融着が起こり成膜する熱可塑性粉体塗料なども
物理的な成膜です。

化学的な成膜

化学的な成膜とは、硬化反応による成膜のことです。

 

化学的な成膜は、8節の熱硬化性樹脂塗料の成膜で、
たとえば、ポリエステル樹脂の一部に不飽和脂肪酸や乾性油を重合したものに
アルキド樹脂があります。

 

このアルキド樹脂は、不飽和基(-C=C-)を起因とするラジカルの生成、
そして酸素の付加などによって硬化するものです。

 

また、不飽和基を含むフマル酸を樹脂の一部に重合し、
希釈剤として用いるスチレンと共に、
過酸化物で硬化する不飽和ポリエステル樹脂があります。

 

さらに、水酸基(-OH)を含有する
アクリル樹脂とアルコキシメチロール基(-NCH2-OR)をもつ
メラミン樹脂を反応させるアクリル/メラミン樹脂塗料、
水酸基(-OH)を含有するアクリル樹脂とイソシアネート基(-NCO)をもつ
ピリイソシアネートを反応させるアクリル/ウレタン樹脂塗料などもあります。

 

このように化学的成膜にも色々ありますが、
硬化条件によって反応率が異なるため、硬化温度がとても重要になってきます。

 

殆どの塗料では、溶剤蒸発と硬化反応を併用しています。

 

たとえば、エマルション塗料では、硬化反応を併用することで、
単に水の蒸発だけでなく、塗膜性能を向上させています。