外壁塗装をする前に知っておきたい塗料の基本知識

外壁塗装をする前に知っておきたい塗料の基本知識

MENU

工業塗料と汎用塗料

塗料は、ありとあらゆるところに使われています。

 

意識して回りを見てみると、
殆どすべてのものに塗料が塗られています。

 

この塗料は、工場の塗装ラインで塗られている「工業塗料」と、
既にできあがっている構造物などに
後から塗装する「汎用塗料」に分けられます。

 

・工業塗料

 

工業塗料は、塗装条件を管理した状態で塗装することができる。

 

・汎用塗料

 

汎用塗料は、塗装中の温度や湿度の影響を直接受け、
時には塗装中に雨が降ることもあります。

 

また、塗装膜厚も作業者の技能に依存するので、
塗装の管理はとても重要です。

塗料の成分

塗料は、樹脂、硬化剤、顔料、添加剤、溶剤の混合物です。

 

このうちの溶剤は塗装時に蒸発して放散するので、
塗膜成分にはなりません。

 

ひとくちに「塗料」といっても、
色々な塗料があり、成分や形態が異なります。

 

まず、色をつける目的の着色顔料を含むものをエナメル塗料、
着色顔料を含まないものをクリヤ(透明)塗料と言います。

 

樹脂、硬化剤、溶剤は、系の媒体という意味で、
ビヒクル(展色料)と言います。

 

塗料の性能を左右する際、
最も大きな要因となるのは樹脂と硬化剤の選択です。

 

たとえば、金属の下塗りの場合は、付着力が強いエポキシ樹脂が用いられます。

 

そして、太陽光の照射に強く、透明感のある上塗りには、
アクリル樹脂を用います。

 

また、塩化ゴム塗料は、溶剤を樹脂に溶解させて、
溶剤の蒸発のみで塗膜になりますし、油変性アルキド樹脂塗料は、
空気中の酸素で硬化します。

 

さらに、アルキド・メラニン樹脂塗料は、主剤と硬化剤が
焼付けによって硬化するというように、
乾燥や硬化にも様々な形態があります。

 

・顔料

 

顔料には、色をつける目的の着色顔料だけでなく、
錆の発生を抑制するための錆止め顔料、
充填剤として使用する体質顔料などがあります。

 

色味や色の耐久性だけでなく、
塗膜の硬さや伸びなどの性能に大きく影響するので、
顔料の選択もとても重要です。

 

・溶剤

 

溶剤は、滑らかで均一な塗膜になるように流動性を高め、
泡の消去を助け、乾燥速度を調節します。

 

つまり、溶剤は、樹脂や硬化剤を溶解し、均一な溶液にする働きがあり、
同時に顔料表面をぬらして顔料の分散を助ける働きも担っています。

 

・添加剤

 

添加剤は、塗料に少量加えられます。

 

添加剤を加える事によって、塗料の表面張力や粘土を変えたり、
様々な特定の機能が発揮できる様になります。

 

添加剤の選択は、顔料分散剤、表面調整剤、たれ防止剤、
消泡剤、はじき防止剤、紫外線吸収剤、防カビ剤など、
様々なものから選ばれます。

 

・塗料の成分のまとめ

 

 (1) 固形分

 

   樹脂: 塗膜の性能を左右する成分です。

 

   硬化剤: 樹脂と反応して塗膜を強靭なものにする成分です。

 

   顔料: 着色目的、さび止め、強度向上などのために使用する成分です。

 

   添加剤: 塗料の安定性や塗装作業性、塗膜性向上のために添加する成分です。

 

 (2) 揮発分

 

   溶剤: 樹脂や硬化剤を溶かし、均一な膜にする成分です。